キャッシングを比較して低金利で借りよう

キャッシングを比較する一番の目的は低金利で借りることなのです。低金利の目安となるラインは年率15.0%であり、これよりも低く借りることを目標にしてみましょう。銀行、消費者金融を問わずに、100万円以上借りた場合の金利は15.0%を超えることはありませんが、初回融資では100万円の融資を受けることは難しいのです。ほとんどのケースにおいて10万円〜100万円未満の借り入れとなり、利息制限法により18.0%の年率まで認められています。100万円未満の融資において、15.0%の金利設定となれば間違いなく低金利なのです。15.0%未満で融資してくれる金融機関には、銀行、信用金庫などがあります。これらの金融機関では少額融資においても、12%〜15%で融資してくれることが多いのです。消費者金融、信販会社、クレジットカード会社ですと、初回融資は17%〜18%程度になるのが普通です。キャッシング比較をするときは、銀行、信用金庫などの金融機関同士で比較することをおすすめします。銀行だから必ず低金利というわけではなく、利息制限法の上限金利を設定しているところもあるのです。銀行で借りるならば、大手都市銀行だけでなく、地元銀行の金利も確認しておきましょう。一般的に金融機関は規模に比例して金利も低くなるものですが、銀行や信用金庫に関しては当てはまりません。都市銀行よりも、地方銀行のほうが低金利で借りられるケースも多いのです。